【兵庫】総戸数184戸の分譲マンションや店舗などを建設/名谷南センターのリニューアル事業/事業者は神鋼不動産グループ

LINEで送る

神戸市が公募した名谷南センター(神戸市須磨区)のリニューアル事業者に神鋼不動産グループが選ばれた。総戸数184戸の分譲マンションや店舗、子育て支援施設・高齢者支援施設など4棟を整備する。事業は若年世帯を呼び込める住宅の整備を合わせた抜本的な機能移転を実施し、名谷団地全体の活性化につなげる。2019年度の入居開始を予定している。

【事業者の提案の鳥瞰図】

神鋼不動産の提案の鳥瞰図

中高層住宅(一部店舗)2棟、店舗(一部交番と郵便局)、会館兼店舗各1棟の4棟構成で、階数は最高で9階を計画している。敷地の所在地は神戸市須磨区菅の台3丁目ほか。譲渡対象面積は約9740平方㍍。神戸市とOMこうべが土地を所有している。最寄り駅は地下鉄西神・山手線の名谷駅。敷地は現状、スーパー「コープ名谷」や店舗、会館などが入る近隣センターとして営業している。

【事業者の提案のパース図】

神鋼不動産の提案のパース図

15年度に事業計画を確定し、16年度に工事に着手、19年度の入居開始を予定している。事業費は68億3552万円を見込む。

LINEで送る