【奈良】オークタウン大和高田で新商業施設の開発を検討/駅直結の立地特性などを活用/日本エスコンが取得

LINEで送る

近鉄大和高田駅に直結する商業施設「オークタウン大和高田」(奈良県大和高田市)が新たな商業施設として開発される。不動産会社の日本エスコンが不動産を取得し、「立地環境の特性を活かし、今後、新たな商業施設の開発を行う」と明らかにした。施設は1975年11月に開業、老朽化が進んでいた。

【駅直結の特性を活かして開発される】

オークタウン大和高田

現在のオークタウン大和高田はスーパー「ライフ大和高田店」などが核テナントとなり、物販や飲食、サービスなど約100テナントと、スイミングクラブやテニススクールなどスポーツ施設が入っている。所在地は大和高田市幸町3-18で、近鉄大阪線大和高田駅から徒歩1分のほか、JR和歌山線高田駅にも徒歩3分に位置している。敷地面積は約3万平方㍍あり、施設開発になりそうだ。

LINEで送る