【奈良】ならファミリーを大規模リニューアル/ハイクオリティ商業施設に転換/テナントを段階的に入れ替え

LINEで送る

日本リテールファンド投資法人が保有する商業施設「ならファミリー」(奈良市)は、約55億円かけて大規模リニューアルする。テナントを段階的に入れ替えるとともに、吹き抜け広場などを刷新、2016年11月のリニューアル開業を目指す。

【集客の中心に吹き抜け広場を刷新】

ならファミリー吹き抜け広場

ならファミリーは近鉄百貨店とイオンを核とし、約120の専門店で構成する。延床面積は約11万平方㍍。開業時は年間売上高が約600億円あり、奈良県下の一番店としての地位を確立していたが、2014年度には約400億円にまで減少、大規模リニューアルによって郊外型商業施設からハイクオリティ商業施設に転換することで、480億円規模にまで回復させる。

【55億円かけて大規模リニューアルするならファミリー】

ならファミリー

具体的には既存専門店区画の1階から4階と、3、4階の専門店ゾーン拡大を含めた1万2500平方㍍をリニューアルする。専門店ゾーンには複数の大型テナントを誘致する。ならファミリーの所在地は奈良市西大寺東町2-4-1の敷地2万9342平方㍍。1992年11月と93年4月に建築した。

LINEで送る