【京都】精華町の複合商業施設は29日にグランドオープン/食品スーパーを核に16店舗が出店/JR西日本不動産開発

LINEで送る

JR西日本不動産開発は京都府精華町に整備を進めていた複合商業施設「ビエラタウンけいはんな」を29日にグランドオープンする。食品スーパーマーケットを核店舗とし、物販店舗、サービス、飲食店舗など16店舗が出店する。22日はスーパーなど4店舗が先行して開業する。

【29日にグランドオープンするビエラタウンけいはんな】

ビエラタウンけいはんな

店舗はスーパーマーケット「ラムー」、ドラッグストア「サンドラッグ」、クリーニング「シルキードライ」、生活雑貨「ザ・ダイソー」、衣料品・生活雑貨「マックハウス」、カラオケ「カラオケレインボー」、居酒屋「鳥貴族」、ペットショップ「犬の家」、理美容・美容室「男のサンパツ」、居酒屋「魚民」、ガソリンスタンド「コスモ石油」、ファストフード「マクドナルド」、うどん「丸亀製麺」、焼肉「焼肉 元気一番」、和食「かつアンドかつ」、スイーツ・ベーカリー「ブーランジェヤマダ」の16店舗が入る。

建物は平屋8棟で、延床面積は8370平方㍍。408台分の平面式駐車場を確保する。所在地は精華町光台1-4-1の敷地2万7437平方㍍。

LINEで送る