【大阪】吹田市のショッピングセンター開発計画が着工/スーパーやレストラン・カフェなどが出店/JR西日本大阪開発

LINEで送る

JR西日本大阪開発は21日、大阪府吹田市のJR西日本社宅跡地で計画しているショッピングセンター開発計画の工事に着手したと公表した。食品スーパー「阪急オアシス」やドラッグストア、レストラン・カフェ、クリニックなど計20店舗が入る予定だ。2016年春の開業を目指している。

【ウエストゾーンイメージパース】

ウエストゾーンイメージパース

建物は平屋8棟と2階建て3棟で構成し、建物面積は約5460平方㍍。オープンモール形態を採用し、ウエストゾーンとイーストゾーンに分けて整備する。施設内には広場や小径を配し、時間消費型施設を目指す。建設地は吹田市片山町2-52-4ほかの敷地約1万5740平方㍍。最寄り駅はJR東海道本線吹田駅。

【イーストゾーンイメージパース】

イーストゾーンイメージパース

LINEで送る